∀軍曹の物置き場

ここは、∀軍曹のたわごとやモノ置き場です。 コスやドール・アニメ・ゲーム等の個人的な感想を書いてる所です。時々、鉄道写真や風景写真もあったりして…。 ドールの野外撮影やドールとの対人会話等の記事があり不快を感じると方はご観覧を控える事をお勧めいたします。

行って来た

11月12日に行って来ました。

IMG_5962.jpg

新潟近代美術館で開催されてる「館長庵野秀明 特撮博物館」へ。
まさか、これが我県の美術館で催されるとは夢にも思いませんでした。情報が入って来たのは今年の5月だったけかな?。特撮好きの我輩としては、その時から楽しみにしてたしね。昨年、夏に都内で行われた時は諸々の事情で行けなかったしね。
そんなモンだから今回は当美術館に感謝。

行ったの真日。開館10分後に入館(9時)。
流石に、我輩の他に3人位しかいませんでした。音声ガイドを借りて展示品を鑑賞。
音声ガイダンス熱いね~。特撮の事を分かってらしゃる。しょぱちからテンション上がるよ~。
先ずは、「東宝特撮」関係。当時撮影に使われてたミニチュアを再現したものや撮影に使われたもの。「轟天号」や「ムーライトSY-3」「メーサー車」にはただただ見惚れるだけ『マジかっけーよ~』。「わだつみ」とかたまらないね~。「メカゴジラの逆襲」で使われたメカゴジラの着ぐるみとかも。マニアックなのは劇中で使用された新聞。アレは全てどの作品で使われたか一発で解りましたよ~。

次は、「マイティジャク」。
でかい「マイティジャク号」のも模型には立ち止まって見入ってた。
我輩的には、未だにあのデザインは最強だと感じてる。『カッケー過ぎるぜ』。デザイン三面図が見れるとは思わなかった。
成田亨さんの「ヒューマン」のマスクが置いてあるとはマニアックだよ~。

で、ウルトラ関係。
当たり前過ぎるけどヤハリ我輩の原点はここにありですね。
防衛隊チームの戦闘兵器には見惚れてましたね。帰ってきたウルトラマンの「MATチーム」の戦闘機が全部あったのは館長の趣味ですかね?(笑)。我輩も3機種共好きです。ウルトラマンタロウの「ZAT」のスカイホェールのミニチュアのでかさに驚く余り。
それより驚いたのは「スターウルフ」のバッカスⅢ世号んおミニチュアが置いてあったこと。これも『カッケーすぎるよ』!今、見ても凄いと感じる。そこに書いてあった庵野館長のコメントがマニアック過ぎて笑ってしまった。
70年代ヒーローのマスクも楽しめたね~。

まだまだ、書き足らないよ~。
で、あとは端折ります。
「巨神兵 東京に現れる」のメイキング映像は楽しめた。見てて笑ったけど彼らの凄さを感じるだけ。
東宝スタジオの物置も凄く感動し歴史の重さを感じるだけ。「ローレライ」に使われた伊ー507のミニチュアの大きさには感動。
ひっそり「キングギドラ」スーツと「モスラ(幼虫)」。「初代ゴジラ」に使われた「オキシジェン・デストロイヤー」見れたのは何とも言えない嬉しさ。

もう、書ききれない程の楽しさ。

で、最後のミニチュアの街。
ここは撮影OKの場所。

IMG_0042.jpg

弟の部屋から見た街。
これが全てミニチュア。凄い~。

IMG_0021.jpg

神社の鳥居。
バックに「キングギドラ」も模型を起きたい~。

IMG_0031_20131117231047dc6.jpg

混乱する街。

IMG_0039.jpg

東京タワー、へし折られてる~。「モスラ」の模型~。

IMG_0090.jpg

山間部。「エヴァンゲリヲン」に出てきそうですね~。

IMG_0083.jpg

著名人のサイン。

なんと、9時10分に入館し14時45分に退館。
我輩より遅く入った人がもう退館してたり…。
5時間以上堪能した。特撮好きにはたまらない世界。時が過ぎるのを忘れてしまうほど。
時間があったら、もう2回は行きたい。

今回、真日だったこともありオタとは感じれない人も多く入館された事は嬉しい限り。これは、日本が世界に誇れる失ってはいけない技術だと感じてくれれば幸いである。特に若い人にはね。

最後に、こんな嬉しい催しをしてくれた新潟近代美術館や協力してくれた関係機関に感謝するだけよ。

スポンサーサイト
別窓 | 特撮 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<独り言 | ∀軍曹の物置き場 | こ、これは…>>

この記事のコメント

ここは特撮好きにはパラダイスですね。
ジオラマも凝ってます・・しかし、ミニカーなどみると最近の
ものなので個人的にはちょっと残念。昭和30~40年の車種のミニカーは
残ってないか・・
バッカス3世号はかっこよいよね。スターウルフのOPを
聞くと童心にかえり燃えますよ!
CGが主流の特撮ですが、やはり昔の特撮が最高です。
当時の造形技術の最先端を駆使し考え出したガジェットをみるととてもアイデアの溢れたものばかり。
とても面白いです。
これからも怪獣好き世代を絶やさないように。若い人たちも楽しめる特撮がこれからもどんどん生み出されて欲しいと願うばかりです。

2013-11-19 Tue 01:05 | URL | かみ #-[ 内容変更]
かみさん>
コメントありがとうございます~。

まさに、特撮好きには天国ですよ~。夢の世界です。
このジオラマは、去年「エヴァ」の映画と同時上映さえれた「巨神兵東京に現る」に出てきた世界だから現在設定なんですよね。だから、車や戦車は平成のものですよ。

なんと!かみさんが「バッカスⅢ世号」を知ってるとは…。
「スターウルフ」のOPは男の歌ですよね~。

昔の特撮は、試行錯誤しながら発展しましたからね。
一般の人には認知が低いですが。日本の特撮技術は独自に発展してきのですが最高のものだと思います。この技術は絶やしてはいけないし若い子には解って欲しいですね。だから、庵野監督はこんな催し物をしたんだと思います。
2013-11-19 Tue 23:40 | URL | ∀軍曹 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| ∀軍曹の物置き場 |